実用新案法 平成28年度 問2 枝(ホ)(訂正)

問:

特許庁長官は、訂正書に添付した訂正した実用新案登録請求の範囲に記載された考案が方法に係るものであったため、相当の期間を指定して、その訂正書に添付した訂正した明細書、実用新案登録請求の範囲又は図面について補正をすべきことを命じたが、実用新案権者は、指定した期間内にその補正をしなかったので、その訂正を却下した。この場合、実用新案権者は、再度、願書に添付した明細書、実用新案登録請求の範囲又は図面の訂正をすることができる場合がある。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

答 : 正しい
説明: 実14条の2第1項の訂正(実14条の2第2項各号)は1回に限定されているが、請求項の削除(実14条の2第7項)は回数の限定はない。
よって、本枝は正しい。

関連条文;
実14条の2 実用新案権者は、次に掲げる場合を除き、願書に添付した明細書、実用新案登録請求の範囲又は図面の訂正を一回に限りすることができる。
一  第13条第3項の規定による最初の実用新案技術評価書の謄本の送達があつた日から2月を経過したとき。
二  実用新案登録無効審判について、第39条第1項の規定により最初に指定された期間を経過したとき。
2  前項の訂正は、次に掲げる事項を目的とするものに限る。
一  実用新案登録請求の範囲の減縮
二  誤記の訂正
三  明瞭でない記載の釈明
四  他の請求項の記載を引用する請求項の記載を当該他の請求項の記載を引用しないものとすること。
(3~6省略)
7  実用新案権者は、第1項の訂正をする場合のほか、請求項の削除を目的とするものに限り、願書に添付した明細書、実用新案登録請求の範囲又は図面の訂正をすることができる。ただし、実用新案登録無効審判が特許庁に係属している場合において第41条において準用する特許法第156条第1項 の規定による通知があつた後(同条第3項 の規定による審理の再開がされた場合にあつては、その後更に同条第1項 の規定による通知があつた後)は、願書に添付した明細書、実用新案登録請求の範囲又は図面の訂正をすることができない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。