実用新案法 平成28年度 問2 枝(イ)(変更)

問:

特許出願人は、特許出願の日から9年6月を経過した後は、いかなる場合であっても、その特許出願を実用新案登録出願に変更することができない。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

答 : 正しい
説明: 特許出願の日から9年6月経過後は、実用新案登録出願への変更はできないこととされており(実10条ただし書)、例外はない。
よって、本枝は正しい。

関連条文;
実10条 特許出願人は、その特許出願(かっこ書省略)を実用新案登録出願に変更することができる。ただし、その特許出願について拒絶をすべき旨の最初の査定の謄本の送達があった日から3月を経過した後又はその特許出願の日から9年6月を経過した後は、この限りでない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。