特許法 趣旨問題(実施)

問:
輸出を実施に含めることとした趣旨(2条3項)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

回答例:
経済のグローバル化の進展により、我が国の産業財産権侵害品が国境を越えて取引される事例が増大する等模倣品問題の国際化・深刻化に鑑み、国内の製造や譲渡の段階では差止めができない場合であっても、輸出者が判明した場合には、権利者が「輸出」の段階で差止め等の措置を講じることを可能とするためである。なお、輸出行為自体は、国内で行われる行為であり、我が国の工業所有権の効力を直接的に海外における譲渡等の行為に対して及ぼすものではないため、属地主義には反しない。(青本14頁)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。